著者
川上 和義
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.104, no.11, pp.2307-2313, 2015-11-10 (Released:2016-11-10)
参考文献数
12

肺炎球菌は厚い莢膜を持つ細胞外増殖細菌であり,好中球が主要な貪食殺菌細胞である.補体の活性化を阻害するため,莢膜多糖に対する抗体がオプソニンとして重要である.莢膜多糖は胸腺非依存性抗原であり,メモリーB細胞を形成しないが,IgMからIgG2へのクラススイッチは起こり,インターフェロンγが関与するとされている.本稿では,肺炎球菌肺炎の病態の理解のために,本菌に対する免疫応答機構について概説する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

https://t.co/SM6by4W5Dg 有效增强免疫力,预防新型肺炎
https://t.co/SM6by4W5Dg

収集済み URL リスト