著者
岸森 健文 小菅 邦彦 井上 豪 関 淳也 犬塚 康孝 武田 晋作 竹内 雄三 岡田 正治 池口 滋
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.105, no.11, pp.2221-2229, 2016-11-10 (Released:2017-11-10)
参考文献数
9

院内心停止で自動体外式除細動器(automated external defibrillator:AED)がショック不要と判断した中に3例の心室頻拍(ventricular tachycardia:VT)が含まれていた.事後検証で解析システムには問題がないとわかった.医療関係者は,AEDによる解析の限界を認識しておく必要がある.また,心電図モニターをいち早く患者に装着し,必要に応じてマニュアル除細動器を手配することが求められる.心電図モニター付きAEDを設置している施設では,マニュアルモードに切り替えて電気ショックをする方法に習熟しておく必要がある.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (14 users, 15 posts, 20 favorites)

波形の出るAEDなら「ショック不要」とされても波形を見てマニュアルモードに切り替えて除細動で助けられる場合があります。このコトを救急に関わる多くの人に知ってもらいたい。 https://t.co/uITIwcXfil …… https://t.co/tdTp3uLWkN
AEDは医師以外が使うということで、精度(感度)より安全性を優先した設計になっています。ゆえに本来は除細動が必要であっても不要と判断することもあります。 AEDの解析原理、下記の報告が参考になります。 「AEDが電気ショック不… https://t.co/bY1XNEgQb1
AEDがいろいろ話題になっているのでググって見たらこんなの出てきた。 AEDが電気ショック不要と判断した無脈性心室頻拍 https://t.co/K0VYPThDqT

収集済み URL リスト