著者
中根 俊成 安東 由喜雄
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.106, no.8, pp.1571-1578, 2017-08-10 (Released:2018-08-10)
参考文献数
22

アセチルコリン(acetylcholine:ACh)は中枢・末梢両方の神経系で作用する神経伝達物質である.アセチルコリン受容体(acetylcholine receptor:AChR)もまた中枢・末梢両方の神経系に存在する.これまでAChRに対する自己抗体は重症筋無力症における筋型AChR(神経筋接合部)に対する自己抗体が最も知られており,抗体介在性の自己免疫疾患の代表として疾患の病態解明が進められてきた.今回,我々はそれ以外の2種類のムスカリン性AChR(muscarinic AChR:mAChR)とニコチン性AChR(nicotinic AChR:nAChR)に対する抗体の臨床研究の現況について,脳炎・脳症の視点から触れた.特に後者では,自律神経節に存在する神経型nAChR(本稿ではこれをganglionic AChR(gAChR)と称する)における広範な自律神経障害と自律神経系外の症状としての中枢神経症状と内分泌障害について述べた.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

アセチルコリン受容体に対する自己抗体と脳炎・脳症

Twitter (13 users, 46 posts, 19 favorites)

https://t.co/xAFYlF6QFM 中根先生と共同研究をして、抗ganglionic acetylcholine receptor抗体の測定が必要。この総説でムスカリン性アセチルコリン受容体の存在部位が書かれている。HPVV接種後神経障害を呈する患者では、M2, M3, M4R抗体陽性が報告されている。池田論文では、M5R抗体も有意に高い。
@sumire812 #アセチルコリン受容体 #AChR に対する自己抗体と #脳炎 #脳症 中根 俊成先生 安東 由喜雄先生 今回,我々はそれ以外の2種類の #ムスカリン性AChR #mAChR と #ニコチン性AChR #nAChR に対する抗体の臨床研究の現況につ いて #脳炎 #脳症 の視点から触れた. 引用元 https://t.co/mdMhIi2Jap #ACh https://t.co/BBLPm2k9Ra
#アセチルコリン受容体 に対する自己抗体と #脳炎 #脳症 中根 俊成先生 安東 由喜雄先生 これまで #AChR に対する自己抗体は #重症筋無力症 における #筋型AChR に対する自己抗体が最も知られており #抗体介在性 の #自己免疫疾患 の代表として疾患の病態解明が進行 引用元 https://t.co/mdMhIi2Jap
アセチルコリン受容体に対する 自己抗体と脳炎・脳症 日本内科学会雑誌 106 巻 8 号(2017年) 慢性疲労症候群については,本邦において理化学研究所グ ループがPETを用いた抗M1R抗体と脳内炎症の関連の検証を精力的に進めており6),今後の研究の進展が期待される. https://t.co/M5czK1kGsh
mAChRに対する自己抗体と中枢神経症状が 直接的に関連するものはない.しかし, Sjögren症候群に関する抗M3R抗体(血清),慢 性疲労症候群における抗M1R抗体(血清),抗 M3R抗体・抗M4R抗体(いずれも髄液)につい ては,神経症状との関連を示す研究結果が報告 されつつあるhttps://t.co/M5czK1kGsh
#アセチルコリン受容体 に対する #自己抗体 と #脳炎 #脳症 https://t.co/mdMhIhL7LP https://t.co/BimOly0Kca 中根俊成先生 安東由喜雄先生 熊本大学大学院生命科学研究部 #アセチルコリン受容体 #抗自律神経節アセチルコリン受容体抗体 #中枢神経症状 #内分泌障害 #厚労省医政局総務課 #未診断疾患 https://t.co/NUQ413RaQs
#アセチルコリン受容体 に対する #自己抗体 と #脳炎 #脳症 https://t.co/mdMhIhL7LP https://t.co/BimOly0Kca 中根俊成先生 安東由喜雄先生 熊本大学大学院生命科学研究部 #アセチルコリン受容体 #抗自律神経節アセチルコリン受容体抗体 #中枢神経症状 #内分泌障害 #厚労省医政局総務課 #未診断疾患 https://t.co/NUQ413RaQs
自己免疫性自律神経節障害に関する症例報告やCase Seriesでは,精神症状の合併,情動不安定や行動の幼児化等の精神症状を呈する頻度が高い本邦の症例が報告さ れている.視床下部―下垂体―副腎系の内分泌障害を呈するケースも存在し,これらも中枢神経系の障害に包含されるもの https://t.co/jo0tHKhCMv
@G0QLbx2KpupZpsz #アセチルコリン受容体 に対する #自己抗体 と #脳炎 #脳症 熊本大学大学院生命科学研究部神経内科学分野 https://t.co/dhGAtwRXD9 中根俊成先生 安東由喜雄先生 引用元 https://t.co/mdMhIhL7LP https://t.co/99s5KuQ5S0
なぜ抗gAChR抗体陽性AAGで中枢神経症状を呈するか、本抗体の免疫標的であるα3サブユニット,β4サブユニットは 大脳,視床下部―下垂体における局在が証明、これら各部位における抗体の作用は否定できない.表2, 側頭葉, 海馬(記憶), 尾状核、被殻(不随意運動)に局在、関連性推定 https://t.co/jo0tHKhCMv
←続き 熊本大学 中根先生 安東先生 それ以外の 2 種類の #ムスカリン性AChR( #muscarinic AChR: #mAChR)と #ニコチン性AChR( #nicotinicAChR: #nAChR)への抗体の臨床研究 #ganglionicAChR( #gAChR) 広範な #自律神経障害 と #自律神経系外の症状 中枢神経症状と #内分泌障害 https://t.co/mdMhIhL7LP https://t.co/aF9p4It4nw
自律神経外症状である中枢神経症状はその中核であり,脳炎・脳症様の症状を呈することがある。自己免疫性自律神経節障害に関する症例報告やCase Seriesでは,精神症状の合併,情動不安定や行動の幼児化等の精神症状を呈する頻度が高い本邦の症例が報告→3割弱が抗体陽性(髙嶋) https://t.co/njsMIwzHmQ
J-STAGE Articles - V.アセチルコリン受容体に対する自己抗体と脳炎・脳症 https://t.co/xAFYlF6QFM
中根俊成先生 安東由喜雄先生 今回,我々はそれ以外の2種類の #ムスカリン性AChR #muscarinicAChR #mAChR と #ニコチン性AChR #nicotinicAChR #nAChR に対する抗体の臨床研究の現況について #脳炎 #脳症 の視点から触れた 引用元 https://t.co/r5CcwdznSF https://t.co/ocgSacIR4d
リンク切れのために再度つぶやきます アセチルコリン受容体に対する #自己抗体 と #脳炎 #脳症 #アセチルコリン受容体 #acetylcholinereceptor #AChR https://t.co/HE4Z8Nwmr6 引用元 https://t.co/mdMhIhL7LP #脳炎 #脳症 #未診断疾患 #未診療疾患 #不定愁訴 #厚労省難病対策課 #厚労省審査管理課
#アセチルコリン( #acetylcholine: #ACh)は中枢・末梢両方の神経系で作用する神経伝達物質 #アセチルコリン受容体 #acetylcholinereceptor #AChR もまた中枢・末梢両方の神経系に存在する 引用元 https://t.co/t3pdeOH0C5 #脳炎 #脳症 #未診断疾患 #未診療疾患 #厚労省難病対策課 #厚労省審査管理課 https://t.co/ndSCqsRvXA
#線維筋痛症 & #重症筋無力症 の疑い の珍道中ブログ。https://t.co/Y4KwdVkWRx #自己免疫の標的分子 は #ニコチン性アセチルコリン受容体 (#AChR) https://t.co/r5CcwdznSF が85%、#筋特異的受容体型チロシンキナーゼ( #MuSK)が5-10%とされている。 引用元 https://t.co/H1BSH3rZBC https://t.co/OxBgQkUhOI
熊本大学大学院生命科学研究部神経内科学分野 中根 俊成先生 安東 由喜雄先生 特に #ニコチン性AChR では 自律神経節に存在する #神経型nAChR における広範な #自律神経障害 と自律神経系外の症状としての #中枢神経症状 と #内分泌障害 について述べた 引用元 https://t.co/r5CcwdhN17
中根 俊成先生 安東 由喜雄先生 今回,我々はそれ以外の2 種類の #ムスカリンAChR ( #muscarinicAChR: #mAChR) と #ニコチンAChR ( #nicotinicAChR: #nAChR) に対する抗体の臨床研究の現況につ いて #脳炎 #脳症 の視点から触れた 引用元 写真も https://t.co/r5CcwdznSF https://t.co/vWuiTVNsCz
中根 俊成先生 安東 由喜雄先生 #AChR に対する自己抗体は #重症筋無力症 における #筋型AChR (神経筋接合部)に対する自己抗体が最も知られており抗体介在性の #自己免疫疾患 の代表として疾患の病態解明が進められてきた 引用元 https://t.co/r5CcwdznSF
特集 内科診療に潜む脳炎・脳症 アセチルコリン受容体に対する自己抗体と脳炎・脳症 中根 俊成先生 安東 由喜雄先生 #アセチルコリン は中枢・末梢両方の神経系で作用する神経伝達物質である. #アセチルコリン受容体 もまた中枢・末梢両方の神経系に存在 引用元 https://t.co/r5CcwdznSF
#アセチルコリン受容体 に対する #自己抗体 と #脳炎 #脳症 熊本大学大学院生命科学研究部神経内科学分野 中根 俊成先生 安東 由喜雄先生 https://t.co/r5CcwdznSF https://t.co/1fgb44vazl
なぜ,このように抗gAChR抗体陽性AAGで中枢神経症状を呈するかであるが,本抗体の免疫標的であるα3サブユニット,β4サブユニットは 大脳,視床下部―下垂体における局在が証明されていることから,これら各部位における抗体の 作用は否定できない. https://t.co/njsMIwzHmQ
精神症状の合併,情動不安定や行動の幼児化等の精 神症状を呈する頻度が高い本邦の症例が報告されている.また,視床下部―下垂体―副腎系の内分泌障害を呈するケースも存在し,これらも中枢神経系の障害に包含されるものもあろう. https://t.co/njsMIwzHmQ
アセチルコリン受容体に対する自己抗体と脳炎・脳症 https://t.co/jo0tHKhCMv

収集済み URL リスト