5 0 0 0 OA 5.漢方薬

著者
本間 行彦
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.96, no.6, pp.1137-1142, 2007 (Released:2012-08-02)
参考文献数
5
被引用文献数
1

漢方薬による肺障害として最も知られている小柴胡湯による間質性肺炎を中心に概説した.この本体は小柴胡湯によるアレルギー性急性間質性肺炎であり,慢性で予後の悪い特発性間質性肺炎とは本質的に異なる疾患である.早期診断,早期治療により原則として完治する疾患と考えられるが,過去に死亡者を10名出し,注目された.ここでは,その具体的対策方法を中心に述べたが,何よりも,漢方薬にも副作用の可能性のあることを認識することが重要である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 6 posts, 2 favorites)

漢方薬 間質性肺炎 補中益気湯が病後の衰弱に良いんちゃうと、誰となく聞いたのだが、副作用として 間質性肺炎 を起こすことがあるみたいね (コロナの予防でTwitterで見たと思う) 飲んだ時、注意してね 階段登って息切れとか、空咳、発熱の症状が出たらまず病院行ってね https://t.co/3BGtvBbei8 https://t.co/iLGdfJnb4j
@mocamocamaron 小柴胡湯とインターフェロンの併用で重篤な副作用が出たのは有名な話で、一種のアレルギー反応と言われています。 他方「炎症などでサイトカインが過剰な状態の患者」に小柴胡湯を投与することが良いか悪いかは文献には記載がありませんでしたが、私は「要注意」と思います。 https://t.co/CoJWKkQHeS
#漢方薬による間質性肺炎 愛すべき補中益気湯にも報告あり https://t.co/7tPgZiPhm3

収集済み URL リスト