著者
山崎 雅英 朝倉 英策 尾崎 由基男
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.97, no.12, pp.2974-2982, 2008 (Released:2012-08-02)
参考文献数
10
被引用文献数
1

凝固・線溶系血液検査は出血性素因・周術期止血管理とともに,日本人の死因の1/3を占める血栓症の早期発見・治療において重要である,凝固時間の延長が見られる場合には,クロスミキシング試験をおこない,凝固因子欠乏と循環抗凝血素の鑑別を行う.凝固・線溶活性化の最も簡便な指標はFDP,D-ダイマーであり,これらが異常高値を示した場合にはTAT,PICなどの分子マーカーを測定することにより病態解析が可能である.血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)の診断にはADAMTS-13活性測定が有用である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (24 users, 25 posts, 28 favorites)

わかりやすい論文です。図5は非常に重要でコロナの場合、凝固優位になりやすいと思われ、その場合D-dimerはあまり上昇しません。 アホな医者の「D-dimer上昇してないから大丈夫だよ」なんて言葉に騙されないように。 PAIは残念ながら保険診療では認められていません https://t.co/QQ7oPfiPM4

収集済み URL リスト