著者
高地 雄太 山本 一彦
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.99, no.1, pp.150-155, 2010 (Released:2013-04-10)
参考文献数
10

膠原病・リウマチ性疾患の多くは,環境・遺伝因子によって発症する多因子疾患である.従来より,HLA遺伝子多型と各疾患の感受性との関連が知られていたが,近年,ゲノム全体を探索対象とするゲノムワイド関連解析が可能となったことにより,非HLA遺伝因子の解明が急速になされつつある.これらの疾患には,PTPN22,TNFAIP3,CTLA4などの共通遺伝因子が存在する一方で,関節リウマチにおけるPADI4遺伝子のように,疾患特異的な遺伝因子も存在する.したがって,これらの遺伝因子の組み合わせによって,個人における各疾患への感受性が規定されているものと考えられる.また,遺伝因子を複合的に解析することによって,個人の病態予測・治療反応性予測にも応用されることが期待されるが,遺伝因子には少なからず人種差が存在するため,今後,日本人における全貌を明らかにする必要がある.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

@NannaMama_Ree #シェーグレン症候群 現在、世界中の研究者によって遺伝子レベルで研究されており、将来的には根治治療(完治)も可能となることが期待されている 引用元 https://t.co/QrMaPpOCYQ 研… https://t.co/D6Uus9TTM0

収集済み URL リスト