2 0 0 0 OA 2.鉄と発癌

著者
大竹 孝明 生田 克哉 高後 裕
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.99, no.6, pp.1277-1281, 2010 (Released:2013-04-10)
参考文献数
16

鉄は生体反応に必須の金属元素であるが,過剰状態では自由鉄分画が増加し活性酸素種産生を介して細胞毒性,DNA損傷ひいては発癌を誘導する.鉄は遺伝性ヘモクロマトーシスだけでなく,C型慢性肝炎の肝癌発生機序にも関与している.これに対し瀉血療法が発癌抑制効果をあげている.さらに鉄はアスベストによる胸膜中皮腫,子宮内膜症による卵巣癌の発症にも関与していることが示唆されてきている.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 1 favorites)

二価(ヘム)も三価(非ヘム)も過剰は危険。 鉄貯蔵は厳密に管理されているので、使えてないのは鉄代謝に原因があるってことだよね。 https://t.co/vkrLY1IL7f
細胞内では非ヘム鉄は通常フェリチンやヘモジデリンによって隔離貯蔵されてるが、細胞内鉄過剰になってくると不安定鉄プール(LIP)という易利用性の自由鉄分画が増加、 LIPの増加によって鉄毒性が増し実質細胞が傷害され主に肝障害、糖尿… https://t.co/9K7CHR5sgr
日本内科学会の医師が書いた鉄の摂りすぎリスクの論文→https://t.co/d2fxcGxubS

収集済み URL リスト