著者
吾妻 安良太
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.99, no.7, pp.1542-1549, 2010 (Released:2013-04-10)
参考文献数
18

ピルフェニドン(ピレスパ®)は特発性肺線維症(IPF:Idiopathic Pulmonary Fibrosis)の肺活量の悪化を抑制した.その臨床試験結果に基づき,2008年10月 欧米に先駆けて製造販売承認を取得したIPF治療薬である.特発性肺線維症は特発性間質性肺炎の約半数を占め,最も予後不良の疾患である.稀少疾患ゆえに画像や病理診断による予後評価が難しく,無作為化比較試験展開が困難を極めた.本稿では我が国の産官学共同臨床開発の経緯と,欧米のCAPACITY試験成績との比較から,IPF治療研究の課題と展望について概説する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 9 favorites)

ピルフェニドンは日本で塩野義がピレスパという名前で販売している肺の繊維化を抑制する薬剤 https://t.co/CIjW4IKqbL ピルフェニドンの抗線維化作用は線維化を抑制しないプレドニゾロンとの比較においてb-FGF なら… https://t.co/G16O2hgK4K

収集済み URL リスト