著者
徳永 勝人 石川 勝憲
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.84, no.8, pp.1231-1235, 1995-08-10 (Released:2008-06-12)
参考文献数
5

視床下部は摂食行動の調節に重要な役割を果たしている.ヒトでは脳腫瘍, Fröhlich症候群, empty sella症候群など視床下部の器質的・機能的な障害があれば食欲の調節異常を招来し肥満をきたす.このような機作による肥満を視床下部性肥満と呼んでいる.ラットでは視床下部の破壊により肥満を生じ,ヒト肥満の成因および病態解明にVMH破壊肥満ラットやPVN破壊肥満ラットなど実験肥満動物モデルが用いられている.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (124 users, 146 posts, 214 favorites)

【視床下部性肥満】 MSGは糖質0でも VMH(腹内側核)がMSGで破壊 高insulin血症→肥満 血糖値反応しか考えないのは欠陥 以下の【MSGジャンクフード】は依存性/血糖値関係なく肥満直結 インスタント味噌汁 鍋の素 お茶漬の素 ワカメsoupの素 加工肉 アミノ酸等表記の加工食 https://t.co/1uUCYDlMSo

収集済み URL リスト