著者
佐藤 正之
出版者
日本神経心理学会
雑誌
神経心理学 (ISSN:09111085)
巻号頁・発行日
vol.34, no.4, pp.274-288, 2018-12-25 (Released:2019-01-09)
参考文献数
43

認知機能の脳内機構を探るには,特定の能力のみが選択的に障害された純粋例が有用である.純粋失音楽症(pure amusia)はこれまでに9例報告され,右上/中側頭回の皮質・皮質下が共通して障害されていた.一方,音楽的情動だけが障害された音楽無感症(musical anhedonia)は,筆者による2例も含め,これまでに5例が報告され,右島後部から上側頭回が主に侵されていた.音楽の知覚・認知が障害されたにも拘わらず,音楽的情動が保たれていた症例が存在することから,両者は少なくとも一部は脳内で異なる神経基盤を有すると考えられる.これらの結果は,過去に報告された脳賦活化実験の所見とも一致している.今後も,症例研究と脳賦活化実験のそれぞれの特徴と限界を理解したうえでの検討が求められる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

音楽無感症の責任病巣は右上側頭回と島。 音楽無感症と失音楽症は神経基盤が異なる。ただし、情動系への回路が遮断されてはいなかったとしても、失音楽症でも音楽は快刺激にならないよね
J-STAGE Articles - 音楽の認知と情動の脳内機構 https://t.co/KWtjz2Xqs2

収集済み URL リスト