著者
藤本 由香里
出版者
社団法人 日本印刷学会
雑誌
日本印刷学会誌 (ISSN:09143319)
巻号頁・発行日
vol.52, no.6, pp.474-483, 2015 (Released:2016-01-15)
参考文献数
37

Before the Japanese manga went global, it was adapted for each country. Even in the pirated editions, we can find specific adaptations in them, resulting from the need for printing. For example, the print style in which 4 pages are set into 1 page in China, and different craftsman who draw cover art for manga in Thailand. However, the most important problem to be solved was how to adapt manga, which involved reading from right to left, into the style of being read from left to right in languages such as English. This essay tells you how the book style of reading from right to left has become popular even in Western countries.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (551 users, 551 posts, 45 favorites)

右開き(縦書き)な日本の漫画が英語版とかになると左右反転されて左開き(横書き)になるって認識だったんだけども最近のジャンプ漫画の海外版は反転せずにセリフや効果音だけ差し替えてるんだなー。 https://t.co/3GU1JvuLoJ
これが流れてきたんだけど、単に右開きが主流になってることと、それが標準と呼べる状態になってるかどうかって違う話のような気がする。「より広い読者層に読んでもらおうとすれば,右開きが読者層の広がりに限界を作る可能性もないわけではない」ともありますし。 https://t.co/mHPxItOd7C
海外へのマンガ輸出で今ちょっと調べたんだけど、翻訳した日本のマンガは以前は左右反転して左開きだったのが今では右開きが一般的になってるようだ。コンテンツが強ければ外国の風習でも覆すことができる。MANGAの世界では日本が世界標準。 https://t.co/tMExj8aBHY

収集済み URL リスト