著者
塩谷 菊美
出版者
日本文学協会
雑誌
日本文学 (ISSN:03869903)
巻号頁・発行日
vol.61, no.7, pp.33-43, 2012-07-10 (Released:2017-11-22)

「『歎異抄』は唯円が親鸞の言葉を記したもの」というのが通説だが、親鸞曾孫で本願寺創立者の覚如の著した『執持鈔』『口伝鈔』『改邪鈔』『親鸞伝絵』をもとにして、「親鸞の口伝を唯円が語り、覚如が筆記した」という体裁で作られた、一種の親鸞伝ではないだろうか。『歎異抄』に記されているのは「親鸞が語ったこと」ではなく、後世の本願寺関係者が考えた「親鸞が語ったはずのこと」と見るべきである。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

https://t.co/L8O9ZVJiih
『歎異抄』の時代の終わりだな。親鸞の思想は自著及び『西方指南抄』などから知られていく時代になったということ / 塩谷菊美:『歎異抄』の成立再考 https://t.co/AEfLjFrAXZ

収集済み URL リスト