著者
前川 喜久雄
出版者
公益社団法人 日本語教育学会
雑誌
日本語教育 (ISSN:03894037)
巻号頁・発行日
vol.142, pp.4-13, 2009 (Released:2017-04-25)
参考文献数
12

日本語教育における音声研究の課題のひとつに,学習者が生成する日本語音声に生じる外国語なまりの研究がある。この現象をきちんと研究するためには,大規模な学習者音声データベースが有効であり必須でもある。その理由としては,過去の対照言語学的研究が音韻論に基づくトップダウン分析が音声変異の研究には無力であることを示していることにくわえ,母語の音声認識の研究がボトムダウンに構成される音響モデルの有効性を示していることがあげられる。本稿の後半では,日本語学習者データベースの仕様,構築手法,解析上の可能性について筆者自身のコーパス構築経験に基づく見解を述べた。最後にコーパスに基づく日本語教育研究において学会が果たすべき役割についても意見を述べた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 6 posts, 0 favorites)

【全文公開】前川喜久雄(2009)「日本語学習者音声研究の課題」『日本語教育』142号https://t.co/cGhw5hPF5V
【全文公開】前川喜久雄(2009)「日本語学習者音声研究の課題」『日本語教育』142号https://t.co/cGhw5hPF5V
【全文公開】前川喜久雄(2009)「日本語学習者音声研究の課題」『日本語教育』142号https://t.co/cGhw5hPF5V
【全文公開】前川喜久雄(2009)「日本語学習者音声研究の課題」『日本語教育』142号https://t.co/cGhw5hPF5V
【全文公開】前川喜久雄(2009)「日本語学習者音声研究の課題」『日本語教育』142号https://t.co/cGhw5hPF5V
【全文公開】前川喜久雄(2009)「日本語学習者音声研究の課題」『日本語教育』142号https://t.co/cGhw5hPF5V

収集済み URL リスト