著者
大島 弥生
出版者
公益社団法人 日本語教育学会
雑誌
日本語教育 (ISSN:03894037)
巻号頁・発行日
vol.148, pp.42-56, 2011 (Released:2017-02-17)
参考文献数
25

大規模テストにおける記述テストには,受験者選別の機能に加え,診断的評価の側面,正負の波及効果の側面がある。本稿では,アカデミック・ライティングと社会生活でのライティングについて,これらの側面からJSLの記述テストの新たな可能性を検討する。また,自動採点技術や日本語母語話者にとってのライティングの現状など,近年の技術発展や状況の変化を視野に入れつつ,記述テストの将来像について考察する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 10 posts, 1 favorites)

【全文公開】大島弥生(2011)「大規模テストにおける「書く」能力の測定の可能性」『日本語教育』148号https://t.co/pTy0mfZhB7 #日本語教育 #日本語教育論文
【全文公開】大島弥生(2011)「大規模テストにおける「書く」能力の測定の可能性」『日本語教育』148号https://t.co/Kuj2Ea76HB日本語教育 #日本語教育論文
【全文公開】大島弥生(2011)「大規模テストにおける「書く」能力の測定の可能性」『日本語教育』148号https://t.co/pTy0mfZhB7
【全文公開】大島弥生(2011)「大規模テストにおける「書く」能力の測定の可能性」『日本語教育』148号https://t.co/pTy0mfZhB7
【全文公開】大島弥生(2011)「大規模テストにおける「書く」能力の測定の可能性」『日本語教育』148号https://t.co/pTy0mfZhB7
【全文公開】大島弥生(2011)「大規模テストにおける「書く」能力の測定の可能性」『日本語教育』148号https://t.co/pTy0mfZhB7
【全文公開】大島弥生(2011)「大規模テストにおける「書く」能力の測定の可能性」『日本語教育』148号https://t.co/pTy0mfZhB7
【全文公開】大島弥生(2011)「大規模テストにおける「書く」能力の測定の可能性」『日本語教育』148号https://t.co/pTy0mfZhB7
【全文公開】大島弥生(2011)「大規模テストにおける「書く」能力の測定の可能性」『日本語教育』148号https://t.co/pTy0mfZhB7

収集済み URL リスト