著者
武田 克彦
出版者
認知神経科学会
雑誌
認知神経科学 (ISSN:13444298)
巻号頁・発行日
vol.11, no.3+4, pp.203-212, 2009 (Released:2011-06-30)
参考文献数
34

中心後回の病変によって生じる体性感覚の障害について検討した。その部位の損傷によって、基本的な感覚が障害されることがあること、物品を触らせてそれが何であるかわからないという障害が基本的な障害がなくても生じることが明らかとなった。同じ中心後回の病変でありながら、このような違いがあることは、サルの中心後回には吻側から尾側という軸に沿ってヒエラルキーがあるという岩村の仮説があてはまると考えられる。次に消去現象のメカニズムの検討を述べた。消去現象は、主に頭頂葉の病変によって起きるが、そのメカニズム説として感覚障害とする説、注意障害とする説があった。健常例と消去現象を有する例に機能的MRIを用いて検討を行なった。その結果、消去現象の患者においても、健常者と同様に両側性刺激の場合両側の中心後回(S1)のみならずS2にも賦活がみられた。この結果は、注意障害説に合う結果と考えられた。一文字のかなの音読が可能な失語患者を対象に行なったところ、文字間隔を狭めていくと、読みの障害が増えることを見いだした。この結果について、一文字のかなに対応する永続的な記憶イメージが脳の中にあるという従来の考えでは説明できないのではないかと述べた。まとめとして、ピランデッロ戯曲を例にあげ、分析的思考や定量的評価やヒトの生物学の複雑なシステムの分析のみでなく、文学、言語、人間や社会の科学などを含む自由なアートの世界に目を向けることも今後重要ではないかと述べた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 5 favorites)

【脳化学と消去現象】 消去現象=表在、深部等の感覚障害が無いにも関わらず対側同時刺激に関して一方の刺激側を認識、認知できないこと。 これは分かりやすくとても面白い!! スポーツに関わる人もS1、S2の概念ぐらいは知ってて欲しいな… https://t.co/OA2W5IiIO6
触覚性消去現象。 片側刺激では感覚障害がないにもかかわらず、両側刺激では麻痺側の刺激を無視する現象。損傷半球S1の活動があるため、感覚障害よりも注意の問題とされている。 https://t.co/etR1kou5L5

収集済み URL リスト