著者
大六 一志
出版者
認知神経科学会
雑誌
認知神経科学 (ISSN:13444298)
巻号頁・発行日
vol.11, no.3+4, pp.239-243, 2009 (Released:2011-06-30)
参考文献数
20

今日の知能検査が何を測定しようとしており、今後どのような方向に発展しようとしているのかについて検討した。21世紀に入ってウェクスラー知能検査は言語性IQ、動作性IQを廃止し、知能因子理論に準拠するようになった。また、数値だけでなく質的情報も考慮したり、課題条件間の比較をしたりすることにより、入力から出力に至る情報処理プロセスのどこに障害があるかを明らかにし、個の状態像を精密に把握するようになっている。現在は、高齢者の知的能力の測定に対するニーズがかつてないほど高まっていることから、今後は高齢者の要素的知的能力の測定に特化した簡便な知能検査が開発されるとよいと考えられる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

知能検査が測定するものは何か https://t.co/Fk4MqoepXJ 笑いの性差 https://t.co/dXfAOjdKPG
昔から黒板に書かれたものをノートに写すのが遅かったんだけど、やっぱこれ動作性IQと関係があるのかな? https://t.co/WsVfryRT00
J-STAGE Articles - 心理学の立場から~知能検査が測定するものは何か?~ https://t.co/J6oKABCCpa

収集済み URL リスト