著者
宮岡 剛
出版者
認知神経科学会
雑誌
認知神経科学 (ISSN:13444298)
巻号頁・発行日
vol.12, no.3+4, pp.180-185, 2010 (Released:2012-01-01)
参考文献数
24

【要旨】 抑肝散は古くから小児の癇癪、夜泣きや不眠症に対する効果が認められてきた生薬である。近年、認知症に伴う精神・行動障害に対する有効性に関する報告が増えている。我々は、境界性人格障害および遅発性ジスキネジアの症状改善にも有効であることや、治療抵抗性の統合失調症の増強療法にも有用であることを報告した。本稿ではこれらの臨床試験を総説するとともに様々な精神疾患への応用についての考察を加えたい。

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 2 posts)

アメリカでは、商品名INGREZZA(成分名:バルベナジン)という薬が、認可されてますが、年間の薬代が600万円~700万円かかるようです。国民皆保険がない中、どういう人が処方されているのか知りたいですが、分かりません。日本でも、フェーズ2・3の治験中です。 田辺三菱製薬:小胞モノアミントランスポーター2阻害剤MT-5199の遅発性ジスキネジア患者を対象とした国内第2/3相臨床試験開始の ...
>SSRIレクサプロを2年半のみ減薬で症状が始まりました。 レキサプロの離脱によるジスキネジアと 私の場合の抗精神病薬による遅発性ジスキネジアと同等に 論じていいのかは、知識がなく分かりませんが、 私の場合を書いておきます。 統合失調症の薬・エビリファイ12ミリを 10何年ずっと服用してまして、(その前はリスパダールです) 口のモグモグ感・舌の揺れ・顎の揺れ ...

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

遅発性ジスキネジアの症状緩和のために漢方の抑肝散(よくかんさん)を飲み始めるきっかけとなった文献です。参考になれば 抑肝散の精神神経疾患への応用:宮岡剛 https://t.co/GRoFuzcqAL 抑肝散の臨床応用 ―統合… https://t.co/9scCo8zZ5h

収集済み URL リスト