6 0 0 0 OA 美の認知

著者
川畑 秀明
出版者
認知神経科学会
雑誌
認知神経科学 (ISSN:13444298)
巻号頁・発行日
vol.13, no.1, pp.84-88, 2011 (Released:2017-04-12)
被引用文献数
1

人は何に、どのように美を感じるのであろうか。芸術や美をめぐる問題は自然科学 からのアプローチが極めて稀であったが、近年の機能脳画像の手法の進歩はそれを可能にし た。この神経美学は、人文科学の問題を自然科学の手法を用いて明らかにしようとするた め、その問題の所在が自然科学者には分かりにくい点も多い。本稿では、哲学から心理学、 脳神経科学に至る美の認知研究の課題を整理した上で、美の本質、基準、過程という3 つの 問題に対するアプローチの例を紹介しながら、美の認知研究の枠組みを論じる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 12 posts, 0 favorites)

567 様々な知覚心理学的な効果を示す法則性が自然には潜んでいる。/@川畑秀明『脳の認知‐Japanese Journal of Cognitive Neuroscienc』https://t.co/GcEOgeN62u https://t.co/6SFG5kqZK7
567 様々な知覚心理学的な効果を示す法則性が自然には潜んでいる。/@川畑秀明『脳の認知‐Japanese Journal of Cognitive Neuroscienc』https://t.co/GcEOgeN62u https://t.co/6SFG5kqZK7
567 様々な知覚心理学的な効果を示す法則性が自然には潜んでいる。/@川畑秀明『脳の認知‐Japanese Journal of Cognitive Neuroscienc』https://t.co/GcEOgeN62u https://t.co/6SFG5kqZK7
567 様々な知覚心理学的な効果を示す法則性が自然には潜んでいる。/@川畑秀明『脳の認知‐Japanese Journal of Cognitive Neuroscienc』https://t.co/GcEOgeN62u https://t.co/6SFG5kqZK7
「心理学では、ヒトは単純すぎるものには快を感じず、複雑すぎるものには不快を感じ、その中間に快感を最大にする覚醒ポテンシャルが存在する」なるほど。 「美の認知」 https://t.co/NakjzdDBxT
567 様々な知覚心理学的な効果を示す法則性が自然には潜んでいる。/@川畑秀明『脳の認知‐Japanese Journal of Cognitive Neuroscienc』https://t.co/GcEOgeN62u https://t.co/6SFG5kqZK7
567 様々な知覚心理学的な効果を示す法則性が自然には潜んでいる。/@川畑秀明『脳の認知‐Japanese Journal of Cognitive Neuroscienc』https://t.co/GcEOgeN62u https://t.co/6SFG5kqZK7
https://t.co/0pTRsTiuAD おもしろい
@00000_OOOO_ooo これかhttps://t.co/fiNIXzfDKp
J-STAGE Articles - 美の認知 https://t.co/lsHMTzgFOC やああっぱこれも残しとく

収集済み URL リスト