著者
中川 栄二
出版者
認知神経科学会
雑誌
認知神経科学 (ISSN:13444298)
巻号頁・発行日
vol.18, no.1, pp.9-14, 2016 (Released:2016-12-06)
参考文献数
15

【要旨】発達障害とは、先天的な様々な要因によって乳児期から幼時期にかけてその特性が現れ始める発達遅延であり、主な発達障害には、知的障害(ID)、自閉スペクトラム症(ASD)、学習障害(LD)や注意欠陥多動性障害(ADHD)などがある。発達障害ではてんかんの併存や脳波異常を認める割合は高く、抗てんかん薬の治療効果が報告されている。自験例220例での検討では、脳波異常76%、てんかん併存40%、睡眠障害を34%に認めた。脳波異常は、入眠時に前頭部優位の高振幅鋭波や徐波、高振幅律動性速波がASDで55%、ADHDでは64%と高頻度に認められた。脳波異常を認めるASDでは、抗てんかん薬内服で生活の質の改善が75.5 %で認められ、脳波異常を認めるADHDでは、抗てんかん薬内服で生活の質の改善が70.5%で認められた。発達障害と脳波異常の関連については、特に前頭葉の抑制系機能の未熟性や機能低下が認知機能や抑制機構に影響を与えていると考えられ、てんかんを伴うとさらに抑制機能が低下することが示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (9 users, 9 posts, 10 favorites)

発達障害とてんかん、睡眠障害は合併例が多い。早めに気付いて療育へとの流れは理解してするが、どの自治体でも専門医が少なく支援を受けられる場が少ないのは課題。 #発達障害 #てんかん #睡眠障害 https://t.co/WTxQUB8NUS
発達障害とてんかんの関連性は一般の書籍にはあまり書かれていないけど、専門医は普通に知っている(みたい)でもわざわざこちらから聞かないと教えてくれない。自分の突然襲ってくる恐怖感はてんかんとの関連を指摘されている。 J-STAGE Articles - 発達障害とてんかん https://t.co/wT5sqgBOVv
発達障害の70%は脳波異常があり、脳波異常がある場合は入眠時に抗てんかん薬を併用することで70%は睡眠障害や生活の質を改善できる ADHDの薬物療法で用いられるメチルフェニデートは痙攣閾値を低下させるので、診断前に脳波検査をする方が良い ようやく脳波検査の理由を理解! https://t.co/tx3FSeriGy
てんかんわ、発達障害を併発している可能性が高いらしいですね⁉️⁉️だいたい、40ぱセントくらい⁉️‼️ てんかんを、告白することわ、すなわち、発達障害かもしれない⁉️⁉️とゆうことを、告白してるようなもの⁉️⁉️特定の、誰かの、ことでわ、ありません‼️‼️ 発達障害とてんかん-https://t.co/ZOs1nCvX4Z
@moonightblack 論文など読んでご自身で勉強されてはどうでしょうか。知識も深まりますよ。 例えば下記URLのようなものなど。検索すると出てきますよ。 https://t.co/KicVextd1p 今回は貴方の主旨と違う引用RT失礼致しました。私の方向性で述べさせて頂きました。

収集済み URL リスト