著者
宮崎 朝子 志村 浩己 堀内 里枝子 岩村 洋子 志村 浩美 小林 哲郎 若林 哲也 田草川 正弘
出版者
公益社団法人 日本人間ドック学会
雑誌
人間ドック (Ningen Dock) (ISSN:18801021)
巻号頁・発行日
vol.25, no.5, pp.789-797, 2011 (Released:2013-07-31)

目的:人間ドックにおいて甲状腺腫瘤の有所見率は非常に高く,臨床的に治療の必要がある腫瘤性病変を,的確にスクリーニングするためにはエビデンスに基づく基準が求められている.そのため,今回過去5年間にわたる当院の甲状腺超音波検査結果およびその推移について検討した.方法:2004年4月から2009年3月までの人間ドック受診者全例,21,856名に甲状腺超音波検査を実施した.結果:充実性腫瘤が4,978名(22.8%)に認められた.細胞診にてクラスIまたはII(B群)が165名,クラスIII(B/M群)が20名,クラスIVまたはV(M群)が57名であった.各群間で性差や精査時平均年齢,平均腫瘤径に有意差はなかった.平均腫瘤径の年間変化を検討したところ,B群では+0.2±0.3,B/M群では+0.8±0.5,M群では +1.3±0.5 mm/yearであり, M群ではB群と比較して有意差をもって増大傾向が認められた.また,M群では腫瘍径の縮小した症例は認めなかった.さらに,M群において腫瘍径が10 mm以下の場合,腫瘍増大はほとんどみられなかったが,11 mm以上では腫瘍増大傾向が認められた.結論:本研究より,超音波健診にて多数発見される甲状腺腫瘤に対する対応において,腫瘤径分類による方針決定とその後の経過観察の重要性が示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (29 users, 49 posts, 17 favorites)

甲状腺細胞診で悪性のものは年1mm以上、成長する。 https://t.co/bxrdroQUOq ・・とはいっても増大、転移、必ずしも人生のなかで困った症状をきたさないのが甲状腺癌の難しいところ。
@drsteppenwolf はい。こういう論文https://t.co/yJJahe2M7l があればこそ例の民進党職員氏の甲状腺癌https://t.co/mtPYwxxZpf がいったいどんなきっかけで見つかったかに興味があるんですよ。
山梨県下の3つの病院で成人の人間ドック受診者全員(21,856名、 平均年齢49.7 歳)に甲状腺超音波検査をしたら、58人(男性28人、女性30人)が甲状腺がんと診断(受診者全体に対する発見率男性0.22%、女性0.32%)https://t.co/yJJahe2M7l
甲状腺超音波検査をすれば、びまん性所見は11.2%に見つかる。柏市のC判定はびまん性所見をひろっているだけだと思う。 →宮崎朝子氏らの2011年の人間ドック論文( https://t.co/FFOScvoBbc )の 図2 https://t.co/aLXpNnyGbo
びまん性所見(甲状腺サイズ異常や内部エコーレベル異常)は11.2%。 →宮崎朝子ら:人間ドック全受診者に対する甲状腺超音波健診の結果と, 結節性病変の経年的変化.人間ドック 2011; 25: 789-97. PDF https://t.co/FFOScvoBbc
.@cyborg0012 リンクが間違っていました。ご指摘ありがとうございます。 https://t.co/NuRhKbFjcz
https://t.co/mWb2Yz2jkw https://t.co/MpuCimN35V
@kanna07409 今のところ山梨大が成人の人間ドックの検査項目に甲状腺の超音波検査を組み入れた時に観察した傾向http://t.co/cdXVswGOL5 http://t.co/tz60GyKUWs と大きくかけ離れたことが福島で起こっている気はしませんがいかがでしょう?
@kanna07409 日本の成人でも、人間ドックの検診項目に甲状腺の超音波検査を入れたら1000人に一人より高い率(0.22%)で甲状腺癌が見つかっているのです。http://t.co/tz60GyKUWs (11-20 mmで悪性所見ありと21 mm以上の結節を細胞診)
@kanna07409 成人の場合、山梨大学の人間ドック検診論文http://t.co/tz60GyKUWs (2004年4月-2009年3月、対象年齢は20-93歳、平均49.7歳。嚢胞、結節とも3 mm以上で検出判定)の例では21,856名調べて甲状腺癌は28名(0.22%)
論文「人間ドック全受診者に対する甲状腺超音波健診の結果と、結節性病変の経年的変化」(人間ドック 25(5):789-797, 2011)は現在こちらhttp://t.co/tz60GyKUWs で無料.. http://t.co/bwyd5sytEf
宮崎朝子ら (2011) より "微小癌のなかにも低リスク症例と高リスク症例が混在しているものと思われる.その両者を判別する予測因子の探索 が今後必要と考えられる." https://t.co/NZxZmJe5iq
宮崎朝子ら (2011) "人間ドック全受診者に対する甲状腺超音波健診の結果と, 結節性病変の経年的変化" https://t.co/NZxZmJe5iq
成人の甲状腺検査の事例では、細胞診で悪性腫瘍とされた割合は、結節 3~10 mmの人で0.65% (23/3535)、11~20 mmで1.90% (22/1159)、21 mm以上で4.23% (12/284) という結果でした。 https://t.co/ubiL91TilN
【人間ドック全受診者に対する甲状腺超音波健診の結果と ... - J-Stage】 https://t.co/6PH7PyWnKW ※PDF  http://t.co/8LDH5Y24Mp
@miss_g_kei 経過観察の超音波検査はどの程度の間隔がいいかは「甲状腺超音波診断ガイドブック」http://t.co/RwjjqSs8we に特に規定がなく、成人の年1度の人間ドックのたびに実施した論文http://t.co/MeFcguU63O がありますが(続く)

収集済み URL リスト