著者
佐々木 温子 西澤 美幸 佐野 あゆみ 佐藤 等 阪本 要一 池田 義雄
出版者
公益社団法人 日本人間ドック学会
雑誌
人間ドック (Ningen Dock) (ISSN:18801021)
巻号頁・発行日
vol.32, no.3, pp.530-536, 2017 (Released:2017-12-22)
参考文献数
14

目的:東京衛生病院の減量ステップアップ講座参加者に対して呼気アセトン濃度を測定し,減量の補助的指標としての有用性について検討した.方法:対象は2011年1月から2014年7月の期間中,東京衛生病院の減量講座(週1回,計6回)を受講した45名である.食事内容,体重変化,歩数,活動量を記録させ,毎回体重,体組成およびセンサガスクロSGEA-P1による呼気アセトン濃度を測定し,初日と最終日に血液生化学検査を施行した.結果:減量講座終了時には,行動変容の改善に伴い,肥満関連検査項目である身体計測値,血圧,糖・脂質代謝,肝機能の検査値の有意な改善がみられ,血中総ケトン体,呼気アセトン濃度は有意に増加した(血中総ケトン体:開始時73.6±59.2 μmol/L ,終了時240.5±193.8 μmol/L,p<0.001,呼気アセトン濃度:開始時529.2±150.8 ppb,終了時1,156.6±590.9 ppb,p<0.001).体重と体脂肪量は講座の回数を重ねるほど有意に減少し,呼気アセトン濃度は有意に増加し,特に5週目以降で著明な増加を示した.結論:減量経過において呼気アセトン濃度測定は脂肪燃焼を示唆する補助的指標として有用であると考えられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 15 posts, 14 favorites)

@0qo3n 1968年カネミ油症(PCB)事件 で14000人がPCB中毒になって ます、断食で改善してます 断食により脂質代謝ケトン体 濃度上昇、アセトン濃度も上昇 してアセトンがPCBを抽出洗浄し たと思われます ちなみにアセトンは微量PCB抽出 検査試薬に使用されてます https://t.co/nhkWVP9RM0
なんか面白そうだなと思っていたら… J-STAGEにこれに関連してそうな論文があった 要するにケトン臭ってやつをセンサーで測定してるのか J-STAGE Articles - 減量の補助的指標としての呼気アセトン測定の有用性に関する検討 https://t.co/I5GJ2fYVS6

収集済み URL リスト