著者
仲松 宏 大城 一郎 端慶山 良助 小禄 洋子 具志堅 明美 具志 成子 新里 かおり 奥山 美智江 比嘉 京子 島田 篤子 比嘉 譲 真喜志 かおり
出版者
公益社団法人 日本人間ドック学会
雑誌
健康医学 (ISSN:09140328)
巻号頁・発行日
vol.8, no.1, pp.34-38, 1993-05-20 (Released:2012-08-27)
参考文献数
13
被引用文献数
3 2

1991年4月より1992年3月までの1年間に当院人間ドックで腹部超音波検査時に甲状腺超音波スクリーニングを同時に施行し,5,567例中33例(発見率0.59%)の甲状腺癌を発見した。男性15例,女性18例に認めた。平均年令は47.7歳で,超音波検査で指摘できた33例全例が乳頭癌で,術後標本でみつかった潜伏癌の1個が濾胞癌であった。平均最大径は11.4mmで,腫瘍径10mm以下の微小癌が19例(58%)あった。腫瘍径15mm以下の癌の92%(24例/26例中)は触診上,触知不能(JTO)であった。リンパ節転移n1(+)が13例(42%),腺外浸潤 EX(ex)(+)が2例に認められた。超音波検査上,悪性を疑う所見は境界不鮮明(42%),低あるいは不均一な内部エコー(61%),砂状多発の石灰化像(55%)が主であった。超音波による甲状腺スクリーニングは極めて有効で腹部超音波検査時に甲状腺超音波検査を同時に行うことは有用と考えられた。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (15 users, 17 posts, 0 favorites)

@siru2017 あ、理解できないってことか!了解。通常の?甲状腺癌の男女比は https://t.co/WA4c8VpXvK とか、たくさんあるから自分で調べて。だいたい男:女=1:3 通常の?甲状腺ガンの対象年齢の男女比 は… https://t.co/GnEiXrYuLl
@siru2017 Shinshu_med16-2-07.pdf は、1967年、まだエコーとかがなかった時の甲状腺癌を触診で調べた報告です。信州大学のです。その時の甲状腺がんの発見率は1/1000です。約0.1%の人が甲状腺癌だ… https://t.co/o4H7OTkF7U
@masanoatsuko この論文に対するご感想をお聞かせください。 https://t.co/EJ6zEBG4yn
「超音波検査による甲状腺癌検診のこころみ 」 https://t.co/ue0p7GMTiG @iina_kobe しかし、草はやしていきなり他人に絡むとは、2ちゃんねるのやりすぎだ、バカ。
@TK074HAKUTAKA ぱっと出てくるのはこの辺りでしょうか[ https://t.co/yGwC950CQn ]。男女比は、自然発症の男女比よりも1に近く、かつ、そこそこリンパ節転移があります。
超音波検査による甲状腺癌検診のこころみ(沖縄赤十字病院) PDF https://t.co/uH1xgQVE0J http://t.co/SHuNZfXg5R
memo:超音波検査による甲状腺癌検診のこころみ~沖縄赤十字病院…1991年4月より1992年3月までの1年間に当院人間ドックで腹部超音波検査時に甲状腺超音波スクリーニングを同時に施行し,5,567例中33例(発見率0.59%)の…https://t.co/RSmSTZPTa8

収集済み URL リスト