言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 7 posts, 0 favorites)

炎症性腸疾患の展望 https://t.co/2CixQgdz7Z
IL-33は、ほかの炎症性サイトカインと異なり潰瘍性大腸炎の活動期でのみ発現の上昇が特異的に認められる。 https://t.co/YI3I5NXj8P
「炎症があるだけでサイトメガロウイルスは再活性化してしまう」という事実は重要ですね...。 https://t.co/IgprssUAXK https://t.co/YI3I5NXj8P
先日ツイートした座談会の中で、気になったのが、「IL-33が潰瘍性大腸炎の活動期のみで特異的に発現している...。」ってとこ...。 https://t.co/YI3I5NXj8P
1 1 https://t.co/rNsQx9SM12 https://t.co/6C4SyCM6t4
この対談の中で京大の先生が「腸管に炎症があるだけでサイトメガロウイルスの再活性化がおこってしまうとい う事実があります。これは私たちもマウスモデルを使って実験を行いました」って話してる....。 https://t.co/YI3I5NXj8P https://t.co/zgNqTB0wKD

収集済み URL リスト