9 0 0 0 OA ニホンヤモリ

著者
山岸 弦記
出版者
日本比較内分泌学会
雑誌
比較内分泌学 (ISSN:18826636)
巻号頁・発行日
vol.43, no.160, pp.5-7, 2017 (Released:2017-03-04)
参考文献数
8

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (9 users, 14 posts, 33 favorites)

「分子系統解析により中国東部の個体が帰化したものではないかという指摘がなされている。 ただし、侵入の時期、経路、拡散の程度について統一した見解があるわけではない」 https://t.co/U2yl0CDg52
https://t.co/zZBiwiLJgB 実験動物としてのヤモリのケアシートは出てきたけどハッチリングのケアについては載っていなかった……
読みながら寝落ち。これを見るに捕獲個体はやはり弱っていたと思われる。現段階で元の場所(玄関脇)に返すのは不安しかないので、一旦我が家で回復を試みる。えーっと、コオロギとワームですかね… "シリーズ 実験動物紹介 ニホンヤモリ https://t.co/Y93zHswVAH

収集済み URL リスト