著者
須見 洋行 大杉 忠則
出版者
公益社団法人 日本農芸化学会
雑誌
日本農芸化学会誌 (ISSN:00021407)
巻号頁・発行日
vol.73, no.12, pp.1289-1291, 1999-12-01 (Released:2008-11-21)
参考文献数
15
被引用文献数
2 or 8

In commercially obtained natto and experimentally-prepared natto preparations, relatively high concentrations of dipicolic acid, 20.55±13.67 mg/100g natto (0.006-0.048%, wet weight) were detected, using a simple method combined with ion-exchange column and colorimetric assay procedures. These values were less than that of the previous data (0.06-0.20%, wet weight) reported 60 years ago. Dipicolic acid was thought to be an intracellular component of natto bacilli and could be extracted in the water-soluble fraction by heat-treatment of the sample for 30min at 120°C. Furthermore, the partially purified material from natto bacilli caused very strong inhibition of the growth of sake yeasts (Kyokai 7 and Kyokai 9 mutant).

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (29 users, 40 posts, 14 favorites)

こちらも確認しましたが、複数の文の出典を1つで明示してますね… RT @Tamon0703 そこに付けられている https://t.co/c7g5DFHOcJ 論文の最後のページで放射能除去物質・制癌物質と書いてしまっているので、無出典ではないようです。こういうのは困るなぁ。
前ツイートで「ジピコリン酸は放射能除去物質としても知られている。」が出典無しとしたけど、その後のジコピリン酸含有量についての一節の出典を読んだら、日本農芸化学会の論文に書かれていたので唖然。 https://t.co/c7g5DFHOcJ
@dragoner_JP 早速見てみましたが、そこに付けられている https://t.co/qu6PLvwPKt (PDF) この論文の最後のページで放射能除去物質・制癌物質と書いてしまっているので、無出典ではないようです。こういうのは困るなぁ。

Wikipedia (2 pages, 2 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト