著者
早川 文代 井奥 加奈 阿久澤 さゆり 齋藤 昌義 西成 勝好 山野 善正 神山 かおる
出版者
公益社団法人 日本食品科学工学会
雑誌
日本食品科学工学会誌 (ISSN:1341027X)
巻号頁・発行日
vol.52, no.8, pp.337-346, 2005 (Released:2007-04-13)
参考文献数
40
被引用文献数
14 12

日本語のテクスチャー用語を収集し, 以下の知見を得た. 116人を対象としたアンケートによって用語を収集し, 討議により整理したところ332語を得た. これに文献調査の結果から94語を追加して426語とした. テクスチャーの研究者55人に用語の妥当性を評価させ, 専門家4人に面接調査を行って用語を削除, 追加し, 最終的に445語のテクスチャー用語を得た.1960年代に収集されたテクスチャー用語と比較したところ, “もちもち” “ぷりぷり” など新しい用語がみられた. また, 中国語などと比較すると, 日本語のテクスチャー表現は数が多いことが示された.テクスチャー用語の約70%は擬音語・擬態語であることから, 日本語のテクスチャー表現に擬音語・擬態語が重要な役割を果たすことが示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (7 users, 7 posts, 5 favorites)

早川 文代. (2005). 日本語テクスチャー用語の収集. 日本食品科学工学会誌 52巻 8 号. https://t.co/jD6ESpZiPQ 某番組で取り上げられてた論文
論文見つけたので今度じっくり勉強します! https://t.co/WlGxY1O901
今日の「ろんぶ~ん」で紹介されてるやつこれかな。読んでみよっと。 日本語テクスチャー用語の収集 https://t.co/5HnmiE2dnA
“日本語テクスチャー用語の収集” https://t.co/ho8YyAogJC
語: さくさく、もちもち、つるつる。日本語には食感のワードがダントツ多いとのこと。きっと僕らの祖先は食べること、食べ物についてお喋りをすることが大好きだったのだろう。ちなみに日本語445、仏語224 中国語144 独語105 英語77。 http://t.co/0lBZg31y

収集済み URL リスト