著者
高野 友喜 関山 忠孝 岡本 直樹 橋本 修
出版者
日本大学医学会
雑誌
日大医学雑誌 (ISSN:00290424)
巻号頁・発行日
vol.75, no.2, pp.92-94, 2016-04-01 (Released:2016-07-20)
参考文献数
16
被引用文献数
1 1

症例は36 歳女性.自宅玄関で防水スプレーを靴に噴霧し,約30 分後に呼吸困難,咳を生じた.同日当院を紹介受診し急性肺障害の疑いで入院となった.胸部レントゲン写真およびCT で両側肺野にスリガラス状陰影と斑状影,小葉間隔壁の肥厚を認めた.入院後にステロイド投与を行ったところ,症状,画像所見とも4 日間で改善した.肺拡散能は減少していた.退院後も悪化なく,防水スプレーの吸入が原因の肺障害と考えられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (19 users, 19 posts, 24 favorites)

確率は低いものの人間の死亡事故もたまにあるレベルで、私は屋外での使用以外絶対しません。 ソースこちら (死亡事故は考察で触れてる)https://t.co/uxJdLanJxw ザックリ分かりやすく言うと肺の内部が撥水のための物質でコーティングされちゃうんですよね。。 https://t.co/10lzGanRET

収集済み URL リスト