著者
浜田 宏
出版者
数理社会学会
雑誌
理論と方法 (ISSN:09131442)
巻号頁・発行日
vol.14, no.1, pp.91-104, 1999-03-31 (Released:2016-09-30)
参考文献数
25
被引用文献数
2

本稿のテーマは、準拠集団と相対的剥奪である。歴史的個体の説明に限定されない一般理論としての相対的剥奪の基本メカニズムは、既にBoudon(1982)とKosaka(1986)によって定式化され、モデルからは報奨密度の増加に伴う相対的剥奪率の上昇には臨界点が存在する、等のインプリケーションが導出された。本稿では、相対的剥奪モデルと既存の準拠集団論との接合は充分でなかったことを示し、Stouffer et al.(1949a)、Merton(1957=1961)などの帰納的研究の知見を基にモデルを修正し、相対的剥奪と準拠集団という概念の理論的な統合を図る。修正モデルでは、各行為者は属性の共有に基づいて準拠集団を選択する、という仮説に基づいた場合の相対的剥奪率の変化を分析した。その結果、選択の際に用いた属性の組み合わせによっては、利益率R›1のときに剥奪の臨界点が二つになること、剥奪率の最大値が一定であること、等のインプリケーションが導出された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 9 favorites)

周りの人だけが内定を貰っていて焦るという状況は相対的剥奪モデルで説明できるのですが、私は周りに一緒に就活をする友人が全くいないので何も感じていません。これについては相対的剥奪と準拠集団の数理モデル(浜田,1999)で説明可能ですね。 https://t.co/Mq3CxHPGUN

収集済み URL リスト