著者
赤川 学
出版者
数理社会学会
雑誌
理論と方法 (ISSN:09131442)
巻号頁・発行日
vol.16, no.1, pp.89-102, 2001-03-31 (Released:2016-09-30)
参考文献数
22

言説分析を経験的な社会学の一手法として鍛えるために必要な、基本的な論点を提出する。第一に、言説分析は自らの外部には出られないが、だからといって分析が不可能になるわけではない。第二に、言説分析は言説空間の全体性を仮想する。第三に、言説分析は、言説(が存在すること)の客観性を前提としつつ、社会的事実としての言説空間の成立・変容過程を分析する。そこでは、「あの言説が語られず、この言説が語られるのはなぜか」という問いが中心を占める。第四に、言説分析は、「誰が語るか」以上に、「誰が語っても似たような言説になるのはなぜか」を問うものである。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

赤川学『言説分析とその可能性』https://t.co/7wJv5KLvGs
1 1 https://t.co/meXaSYUY7V
言説分析とその可能性 赤川 学 https://t.co/vXblo1uSSe 勉強になる

収集済み URL リスト