著者
宇佐美 誠 土場 学
出版者
数理社会学会
雑誌
理論と方法 (ISSN:09131442)
巻号頁・発行日
vol.22, no.1, pp.109-120, 2007-04-30 (Released:2009-03-27)

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 9 posts, 1 favorites)

(なお、拷問かどうかの線引きについては、宇佐美誠/土場学「正義論と社会学のあいだ」[『理論と方法』22巻 1号]の p.116 の宇佐美の発言にヒントを得ています) https://t.co/DYV4eYSOmq
正義論と社会学のあいだ ― 盛山和夫『リベラリズムとは何か』をめぐる対論 / 宇佐美 誠, 土場 学 https://t.co/BSoUa5j2oy
宇佐美先生「リベラリズムの代表的論者のロバート・ノージック――彼は政治的にはリバタリアンでしたが政治哲学的にはリベラルです――」 https://t.co/QYFP9D8zOb
@1IrLyGnbuUciDZf 法哲学者の宇佐美誠さんが、下記の文献でこんなことを言っています。 宇佐美誠/土場学「正義論と社会学のあいだ」『理論と方法』22巻 1号(2007年) https://t.co/MWh7W39x7e (PDFです)
「正義と理論のあいだ ―盛山和夫『リベラリズムとは何か』をめぐる対論―」→ http://t.co/2sHmpQos

収集済み URL リスト