著者
鈴木 努
出版者
数理社会学会
雑誌
理論と方法 (ISSN:09131442)
巻号頁・発行日
vol.26, no.1, pp.1-12, 2011 (Released:2012-01-31)
参考文献数
14

受賞論文では信頼の解き放ち理論とそれに対する批判を総合した形式的モデルを示した.本稿ではネットワークの多層性と多重性,およびカスプ・カタストロフ・モデルについて受賞論文の含意を説明するとともに,今後の数理社会学におけるマルチレベルの社会ネットワークモデルの可能性を論じる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

カタストロフ理論を応用した、すごく面白そうな数理社会学の論文が・・・。「マルチレベルの社会ネットワークモデルへ向けて」 https://t.co/9a3GsxRvIp
「マルチレベルの社会ネットワークモデルへ向けて」http://t.co/YNxvHX3l

収集済み URL リスト