著者
石田 浩
出版者
数理社会学会
雑誌
理論と方法 (ISSN:09131442)
巻号頁・発行日
vol.27, no.1, pp.1-18, 2012 (Released:2013-03-18)
被引用数
2 or 0

この講演では,社会科学において原因と結果を特定していく因果推論の可能性について考えてみます.調査観察データに基づいて因果推論を試みる手法として (1) クロス集計表によるアプローチ,(2) 回帰分析によるアプローチ,(3) パネル調査データを用いた手法,(4) 反実仮想の枠組み,の4つを取り上げて詳しく検討します.最後に,社会に内在する「因果効果の異質性」に着目したオーティス・ダドリー・ダンカンの考え方と,「生成過程としての因果関係」に着目したジョン・ゴールドソープの考え方を紹介します.そしてこの2つの考え方が実は補完的であり,調査観察データを用いた因果推論の過程で,社会科学者が本来引き受けるべき重要な課題を,2人の偉大な社会科学者が指摘していることを主張します.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (5 users, 5 posts)

PDF. 読みかけ。話がややこしくなりそうになるとエピソードや事例が紹介されて理解を助けてくれる。読み終えたらリンクページを再ブクマしよう。
『社会調査の公開データ 2次分析への招待』の編者の一人、石田浩氏の講演から。
面白いので読んでおくと良いと思う

Twitter (41 users, 42 posts, 85 favorites)

社会科学における因果推論の可能性 https://t.co/YMhtJ5TkOM
“社会科学における因果推論の可能性” https://t.co/HjEIYL6In5
社会科学における因果推論の可能性 https://t.co/zMy0qDuco5
読んだ。/石田浩 2012. 「社会科学における因果推論の可能性」『理論と方法』27(1) https://t.co/MDeVuIXuv9

収集済み URL リスト

https://www.jstage.jst.go.jp/article/ojjams/27/1/27_1/_pdf (32)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/ojjams/27/1/27_1/_article/-char/ja/ (14)