著者
中原 一郎 森竹 浩三 半田 肇 小林 修一 長安 慎二 奥野 武彦 中野 善久
出版者
一般社団法人 日本小児神経学会
雑誌
脳と発達 (ISSN:00290831)
巻号頁・発行日
vol.18, no.1, pp.14-20, 1986-01-01 (Released:2011-08-10)
参考文献数
19
被引用文献数
1

ビタミンK欠乏性頭蓋内出血6例の臨床分析を行った結果, 適切な治療を行ったにもかかわらず, その臨床神経学的予後は不良であった. 微小脳血管構築の特殊性, 脳血液関門の未熟性など, 本症発症時期における小児脳の発達上の特殊性が, 本症の不良な予後ならびにその特徴的なCT所見に密接に関連するものと推定される. 以上の観点から, リスク児の早期のスクリーニング, ビタミンK製剤の予防的投与など, 本症の発症予防の重要性を改めて強調した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

ビタ ミンK欠乏性乳児頭蓋内出血に対する発症予防の重要性https://t.co/qnNM62aILJ
ちょっと調べたら、症状→急激な不機嫌、痙攣、嘔吐、大泉門の膨らみってところみたいだな 脳内出血起こってもまず気づかないままってことはないみたいだから、とりあえず安心 出典https://t.co/ygZrScjKug

収集済み URL リスト