著者
手島 良
出版者
日本音声学会
雑誌
音声研究 (ISSN:13428675)
巻号頁・発行日
vol.15, no.1, pp.31-43, 2011-04-30 (Released:2017-08-31)

This article examines the following three aspects of teaching English pronunciation at secondary schools in Japan: 1)which features of pronunciation are actually taught and which are not; 2) which problems are caused by this; and 3)which measures can or should be taken to solve the problems. In each aspect above, single sounds, word/phrase/sentence stresses and intonation are taken into account. Very little time is devoted to teaching pronunciation, and sadly awareness of the importance of pronunciation among pupils/students is quite low. In order to improve the situation, remedies, such as phonics-based instruction, are proposed.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (24 users, 29 posts, 83 favorites)

@bupxdnq 他人の褌ですが、この論考の 4.3 で、手島先生が言及していることと同じ背景だとお考え下さい。 https://t.co/fhmfAC3MTu
手島 良 先生(武蔵高等学校中学校)による「これからの音声教育に向けての提案」が記されている論考。ご実践に基づいている。教員になろうとしている方、教員研修や教員養成にかかわる方は必読だと思う。 https://t.co/RCJRCGTFsk https://t.co/nkQ5KP9PkY
手島 良 先生(武蔵高等学校中学校)による「これからの音声教育に向けての提案」が記されている論考。ご実践に基づいている。私自身、教員養成を行うに際して念頭に置いている。 https://t.co/RCJRCGTFsk
そういや英語で発音記号について学んだ記憶がない。学習要綱でも発音に関する授業は義務としては定められていないようで。 日本の中学校 ・ 高等学校における英語の音声教育について 一発音指導の現状と課題一 https://t.co/2a5kakmnsp
カタカナ発音て最近はだいぶ改善されたのかと思いきや。。 2011: https://t.co/9gfMYt5P4z 2017: https://t.co/snwZ7C4Uy2

収集済み URL リスト