著者
植田 弘師
出版者
日本疼痛学会
雑誌
PAIN RESEARCH (ISSN:09158588)
巻号頁・発行日
vol.32, no.4, pp.239-245, 2017-12-20 (Released:2018-05-31)
参考文献数
30

We have firstly demonstrated that LPA1 receptor signaling initiates the neuropathic pain and underlying mechanisms including dorsal root (DR) demyelination and up–regulation of Cavα2δ1 in dorsal root ganglion (DRG), which are supposedly related to allodynia and hyperalgesia, respectively. Since this report, we have accumulated the findings supporting this discovery. They are the findings that LPA is produced in the spinal dorsal root upon the partial ligation of sciatic nerves of mice, the LPA production is self–amplified through activations of LPA1 ⁄ 3 receptors and microglia. Thus produced LPA may go back to DR and DRG and cause abnormal pain behavior. All these mechanisms may develop the feed–forward amplification of abnormal pain mechanisms, or pain memory. On the analogy of this neuropathic pain, we tested the involvement of LPA1 receptor signaling in experimental fibromyalgia–like mouse models, such as intermittent psychological stress (IPS)–, intermittent cold stress– and repeated intramuscular injection of acid saline–induced models. The deficiency of LPA1 receptor completely lost the hyperalgesia in all these models. The repeated treatments with LPA1 antagonist AM966 completely cured the established pain in the IPS model. All these findings demonstrate that LPA1 signaling plays key roles in the development and maintenance of chronic pain.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 8 posts, 28 favorites)

今日は線維筋痛症の主治医に新たな論文持って行けなかったから、三女の診察の日に持って行けるよう、論文探しました!! 『神経障害性疼痛と線維筋痛症様モデルマウスにおける LPA 受容体を介する痛みメモリー機構』 https://t.co/LxqY0r51Qb
私の再発分の線維筋痛症はアロディニアがひどかったです(5年前に完治)が、アロディニアがなぜ起こるのか、ずっと知りたかったのでこの論文を見つけて本当にうれしいです。 https://t.co/LxqY0r51Qb
『慢性疼痛には神経障害性および線維筋痛症にみられる上位脳・情動性疼痛が含まれ,これらは抗炎症薬に抵抗性であり,多くの場合モルヒネなどのオピオイド活性の効果が低下することから「鎮痛薬に抵抗性」の難治性疼痛として理解されてきた』 モルヒネは効きにくいです。 https://t.co/LxqY0r51Qb
@YKpdqT77ygOMhWd 『慢性疼痛には神経障害性および線維筋痛症にみられる上位脳・情動性疼 痛が含まれ,これらは抗炎症薬に抵抗性であり,多くの場合モルヒネなどのオピオイド活性の効果が低下することから「鎮痛薬に抵抗性」の難 治性疼痛として理解されてきた』 モルヒネは効きにくいです。 https://t.co/LxqY0r51Qb
植田 弘師先生 #神経障害性疼痛 #線維筋痛症 #LPA1拮抗薬 LPA機構に #疼痛維持効果 がある可能性を検証 モデル確立後5日から1週間 LPA1拮抗薬の #AM966 を脳室内に投与した時, 最終投与の翌日には #疼痛は完全に消失 #LPA1 は疼痛メモリーを形成する鍵物質と示唆 引用元 https://t.co/EpPOvNaQF0 https://t.co/rYyGRR8f1O
植田 弘師先生 ICSモデルや #酸性食塩水 を 5 日おきの繰り返し 2 回腓腹筋注射を行うことによる全身性筋痛モデルでも #LPA1遺伝子欠損マウス により #疼痛の完全な消失 が観察された 引用元 https://t.co/EpPOvNaQF0 https://t.co/UDvB2Q7w7r
#神経障害性疼痛 と #線維筋痛症 様モデルマウスにおける #LPA受容体 を介する #痛みメモリー機構 植田 弘師先生 長崎大学 線維筋痛症モデル #LPA1遺伝子欠損 マウスを用いてIPSモデルでの疼痛応答を 観察した時,完全に消失することが明らかに 引用元 https://t.co/EpPOvNaQF0 https://t.co/qecYH8TvGt

収集済み URL リスト