著者
石川 良文
出版者
環太平洋産業連関分析学会
雑誌
産業連関 (ISSN:13419803)
巻号頁・発行日
vol.23, no.1-2, pp.3-17, 2016-01-31 (Released:2016-03-10)
参考文献数
43
被引用文献数
2

我が国で初めて地域産業連関表が作成されてから半世紀以上が経過し,現在では比較的大きなブロック単位から市町村レベルまで数多くの地域産業連関表が整備されるようになった.この状況は地域産業連関分析の発展と実際の政策分析ニーズに応えるために喜ばしい状況であると言える.しかし,今後永続的に地域産業連関表が作成され,各方面で活用されるためには今一度その作成の経緯と実態を明らかにし,今後の産業連関表作成の課題を検討する必要がある.本稿では,全国の都道府県,政令指定都市に対して行った実態調査を踏まえ,地域産業連関表の整備状況を概観すると共に今後の作成上の課題を検討する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 7 favorites)

@yuyu3930 @KuroseYudai ありがとうございます 環境省は情報の見せ方が比較的うまい印象があります ただそこにある内容はRESAS(地域経済分析システム)にもありますし、私も個人的に集計しています 何が足りてな… https://t.co/rhaujPZnI6

収集済み URL リスト