著者
牧野 智彦 大島 朋子 川崎 文嗣 五味 一博
出版者
特定非営利活動法人 日本歯周病学会
雑誌
日本歯周病学会会誌 (ISSN:03850110)
巻号頁・発行日
vol.51, no.4, pp.303-315, 2009 (Released:2010-05-31)
参考文献数
41
被引用文献数
2 1

現在, インプラント治療が広く行われているが, その一方でインプラント周囲炎を発症する症例が増加する傾向がある。インプラント周囲炎は歯周ポケットからインプラント周囲溝へ歯周病関連細菌が伝播することにより生じると考えられることから, 一口腔単位での治療が必要である。重度歯周病患者に対して一口腔単位で細菌をコントロールする治療法としてアジスロマイシン(AZM)を用いたfull-mouth SRP (FM-SRP)が報告され, 早期に病態が改善し長期間維持されることが示されている。そこで本研究はインプラント周囲炎を伴う歯周病患者に対し, AZMを併用したFM-SRPを行い, 通常行われる1/3顎ずつのSRPと比較し, インプラント周囲炎ならびに歯周炎における効果を臨床的, 細菌学的に評価した。その結果, 実験群ではインプラント・天然歯ともに対照群と比較し臨床症状が有意に改善し,3ヵ月間維持された。また, PCR-Invader法により歯周病関連細菌5菌種の定量測定を行ったところ, 実験群においてインプラント・天然歯ともに細菌数は対照群と比較し3ヵ月間低く保たれていた。さらに, FM-SRPが細菌叢全体に与える影響を検索するため, T-RFLP法を用いて多菌種解析を行い, Cluster解析したところ, インプラント・天然歯とも治療前後で統計学的に細菌叢の変化が認められた。以上の結果から, 病態の改善には細菌叢の変化が深く影響していることが考えられ, AZMを用いたFM-SRPはインプラント周囲炎に対して臨床的かつ細菌学的に有効な治療法であることが示された。日本歯周病学会会誌(日歯周誌)51(4) : 303-315,2009

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 5 posts, 6 favorites)

@Arfay6655 これですね アジスロマイシンを用いたfull-mouth SRPのインプラント周囲炎に対する効果 https://t.co/p9fS7ET2ok 歯周病菌はバイオイルムがあるため免疫系が作用しない。一方、AZMはバイオフィルムを分解する作用があり、分解後に免疫細胞が歯周病菌を殺菌し周囲炎の治療や予防ができるのです。
@bCcL8KQpwOquy97 @TORI07ah02 P.g菌が殺菌できないのはバイオフィルムがあるから。しかし14員環以上のマクロライドとクリンダマイシンにはバイオフィルムを溶かす作用があるためP.g菌を殺菌できる。 この鶴見大の五味先生のグループの論文の図5では、AZMの投与でP.g菌が1週間で0になっている(縦軸log菌数) https://t.co/mIwaRrs9oO
AZMは歯周病だけでなくインプラント周囲炎にも効くのか? これも鶴見大の五味教授のグループのものです(オープンアクセス) https://t.co/p9fS7ET2ok インプラント周囲炎と歯周病の患者をそれぞれ実験群と対照群に分け、SRP後に実験群にAZMを投与。投与後3カ月のPD、BOP、GI、細菌数の比較
そのマンガの歯周内科本を見つた後にこれを見つけた アジスロマイシンを用いたfull-mouth SRPのインプラント周囲炎に対する効果(2009) https://t.co/lRNV22nwNd こちらの方には3MIXでおなじみの「ミノサイクリンやメトロニタゾール」が歯周病菌に効かない理由が考察されていた

収集済み URL リスト