著者
柴田 由己
出版者
日本パーソナリティ心理学会
雑誌
パーソナリティ研究 (ISSN:13488406)
巻号頁・発行日
vol.16, no.2, pp.198-208, 2008-01-01 (Released:2008-03-30)
参考文献数
29
被引用文献数
2 1

本研究は,青年用刺激希求尺度を作成して,その信頼性と妥当性を検討することを目的とした。研究1では,先行研究と予備調査において収集された126項目について探索的因子分析を行った。大学生189名のデータから,スリルと冒険 (TAS),抑制の解放 (Dis),内的刺激希求 (IS),日常的な新奇性希求 (DNS) の4因子が抽出された。研究2では,大学生480名のデータを用いたSEMにより,4因子構造と男女間での因子パターン不変性の確認,さらに男女間で因子得点の平均構造の比較を行った。結果は4因子構造の因子的不変性とTAS, Dis, DNSにおける因子得点の有意な男女差を示した。研究3ではα係数と再検査信頼性が検討され,SSS-JAの下位尺度における充分な内的一貫性と安定性が示された。さらに,他尺度との相関分析から,収束的妥当性と弁別的妥当性が論じられた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

柴田由己「青年用刺激希求尺度の信頼性・妥当性の検討」で内的刺激希求が因子として挙げられているのが興味深い セックスやスカイダイビングのような身体的・社会的刺激だけでなく、空想などの「思考」も刺激として求められる対象なのだということ https://t.co/yvy2c0nwaQ
青年用刺激希求尺度(柴田, 2008) キーワード:Sensation Seeking 因子:スリルと冒険,抑制の解放,内的刺激希求,日常的な新奇性希求(各5項目) 評定:4件法 https://t.co/YnKoD9po76

収集済み URL リスト