著者
桑村 幸恵
出版者
日本パーソナリティ心理学会
雑誌
パーソナリティ研究 (ISSN:13488406)
巻号頁・発行日
vol.17, no.3, pp.311-313, 2009-05-01 (Released:2009-07-04)
参考文献数
9
被引用文献数
1 1

The purpose of this study was to examine empathic embarrassment toward others of different psychological distances, and to compare those high on chronic susceptibility to embarrassment and those low. Participants were seventy-five female technical-college students. They completed a questionnaire that used six situations and four actors: oneself, family member, friend, and stranger. They indicated how much embarrassment they felt toward each actor in each situation. Results showed that empathic embarrassment occurred more frequently toward the person of close psychological distance, and those high on chronic susceptibility experienced empathic embarrassment more often.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (17 users, 17 posts, 8 favorites)

2年生にもわかりやすいトピックかつ短めの内容ということで、これを読んだ。https://t.co/l88bxo4WX3
@rene_stangeler 共感性羞恥ですかね? https://t.co/DdVd5RJteh
https://t.co/94CvJhNKya んー?
共感性羞恥は確かに見当たらなかったけど「共感的羞恥」ならあったな。 見た感じ暫定的な表現なんだけど。 https://t.co/VQeSlfV9XL https://t.co/ye4OvtRpkQ
ふむ / 共感的羞恥と心理的距離 https://t.co/VBZt6PdIr8
https://t.co/ZMcMyritNO
共感的羞恥と心理的距離: https://t.co/zDjcy6GGZG 共感性羞恥と紹介されてはいたがこれのことではないのか なぜ違う名前になったのかはわからないが
https://t.co/uDZoRhNyui 共感的羞恥と心理的距離
共感性羞恥ってこれらの論文で言及されている empathetic embarrassment(共感的羞恥)のことかな。でもTVのとはニュアンスが違う気がする https://t.co/mwaXJ2Zrjs https://t.co/ooY9L6UqGO
共感性羞恥 ではなくて 共感的羞恥なら見つけた https://t.co/WTsMq8lCgI
英語だとしんどい人には、簡略な形だけど、日本語版で似たような論文があったので、こちらをオススメする。 https://t.co/Y6qAV6ILXQ
共感的羞恥についての研究。https://t.co/VW53RQt7LW
https://t.co/qSop0Ulexe 結構最近の言葉なんだ
くまみこ視聴者の陥る心理状態についての参考文献です。 「共感的羞恥と心理的距離」 https://t.co/3sPRkQ54j9

収集済み URL リスト