著者
松並 知子
出版者
日本パーソナリティ心理学会
雑誌
パーソナリティ研究 (ISSN:13488406)
巻号頁・発行日
vol.22, no.3, pp.239-251, 2014-03-25 (Released:2014-04-08)
参考文献数
60
被引用文献数
1 1

本研究の目的は自己愛の病理性の性差を検討することであった。大学生354名を対象に性差を検討した結果,未熟な自己愛の測定尺度の下位尺度のうち,「自己誇大化」は男性>女性,「他者への依存」は女性>男性という有意差が見られた。また「基本的信頼感」と自尊感情は男性が有意に高く,「対人的信頼感」は女性が有意に高かった。さらに自己愛の側面と基本的信頼感の関連を検討した結果,男女ともに「他者への依存」は自尊感情・「基本的信頼感」と有意な負の相関,「自己誇大化」は双方と有意な正の相関が示され,依存性こそが自己愛の病理であることが示唆された。また男女別に重回帰分析を行った結果,男性の場合は「基本的信頼感」から「他者への依存」「注目賞賛願望」には有意な負のパスが,「自己誇大化」へは有意な正のパスが見られたのに対し,女性の場合は「他者への依存」に有意な負のパスが示されただけだったことから,男女で自己愛の病理の表れ方が異なることが示された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (28 users, 29 posts, 42 favorites)

すもも氏とそのシンパがやたらと「女性は依存的な自己愛が高い(強い?)」って言ってて、どうやらこちらの論文が出典らしいんだけど、「男はナルシズム的に、女は他人の目を気にしがちになる」という結論で、恋愛や結婚とはあまり関係なさそうな内容だった。https://t.co/5Y3jZ3Vi2h
https://t.co/QDv8JEtuu4 この論文も面白い。男性は自己誇大的な自己愛が多いが、 女性は魅力的な他者と自分を同一視することで自己愛を満たす アニメの美少女キャラやアイドルに なんでもない女が異様に感情移入してるように見えるのは、 自己愛・歪んだ自意識の一環なのかも https://t.co/AqJUslSqHP
「本研究の目的は自己愛の病理性の性差を検討することであった。大学生354名を対象に性差を検討した結果,未熟な自己愛の測定尺度の下位尺度のうち,「自己誇大化」は男性>女性,「他者への依存」は女性>男性という有意差が見られた」 https://t.co/C2ebFpTuGf
自己愛の性差について簡単に知れないかと、手元の本をぱらぱらとみたらみつけられなかったのですけれども。見落としたのかもしれませんが、まだ十分に検討されていないからということもありますか。とりあえずこちらを参考にいたしました。 https://t.co/hKqM6OMZCg

収集済み URL リスト