著者
髙坂 康雅
出版者
日本パーソナリティ心理学会
雑誌
パーソナリティ研究 (ISSN:13488406)
巻号頁・発行日
pp.27.1.11, (Released:2018-05-18)
参考文献数
7

This study investigates how many university students who do not desire a steady romantic relationship become involved in a steady relationship or want to have a romantic relationship in 1 year. A total of 96 students who did not desire a steady romantic relationship at Time 1 were asked about the status of their romantic relationship at Time 2. Those who had the highest score for “the influence of past romantic relationships” were identified, and 29 were found to desire a romantic relationship. The reasons for entering into or desiring a romantic relationship were categorized into seven groups.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (17 users, 18 posts, 49 favorites)

恋人を欲しいと思わない大学生の1年後の恋愛状況の変化――恋人を欲しいと思わない理由と恋人を欲しいと思うようになった理由に着目して https://t.co/MvBUPnnoSW
恋人を欲しいと思わない大学生の(1)年後の恋愛状況の変化  ―恋人を欲しいと思わない理由と欲しいと思うようになった理由に着目ついて https://t.co/igMHEYjri3
恋人を欲しいと思わない大学生の(1)年後の恋愛状況の変化  ―恋人を欲しいと思わない理由と欲しいと思うようになった理由に着目ついて https://t.co/igMHEYjri3
J-STAGE Articles - 恋人を欲しいと思わない大学生の1年後の恋愛状況の変化――恋人を欲しいと思わない理由と恋人を欲しいと思うようになった理由に着目して https://t.co/Ovlupv835f
【パーソナリティ研究早期公開情報】 恋人を欲しいと思わない大学生の1年後の恋愛状況の変化――恋人を欲しいと思わない理由と恋人を欲しいと思うようになった理由に着目して 髙坂 康雅 https://t.co/iPPFZXCE13

収集済み URL リスト