著者
石川 昌司
出版者
日本物理教育学会
雑誌
物理教育 (ISSN:03856992)
巻号頁・発行日
vol.52, no.1, pp.34-35, 2004-03-18 (Released:2017-02-10)
参考文献数
3

教科書では,音波の気柱共鳴を,閉口端は固定端,開口端は自由端として扱っている。しかし,これは音波を変位波として見た場合であり,密度波の立場に立つと,閉口端は自由端,開口端は固定端となる。密度波は,音波本来の疎密波の概念に近いので,感覚的にも分かりやすい。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (7 users, 7 posts, 7 favorites)

@Qwerty_Fe 固定端の定義次第。反射波が逆相を固定端、同相を自由端と定義すると良さそうだが、教科書は気柱振動の閉じた端を固定端としているので、弦の振動と混乱がきている。この場合、固定端という用語の定義は縦波・横波で返る必要… https://t.co/1vvuG8gAgv
https://t.co/pp1GYIrlGu 現実はどっちなんでしょう。ひょっとして高校教科書の #超物理 マター?https://t.co/nVrxAIrwQp

収集済み URL リスト