著者
大森 隆司
出版者
一般社団法人 人工知能学会
雑誌
人工知能学会全国大会論文集 第29回全国大会(2015)
巻号頁・発行日
pp.2I5OS17b2, 2015 (Released:2018-07-30)

人は相互作用の場面で感情を表現して他者に対象の評価を伝達し,受け手はそれに合わせて自身の行動を決めることで,円滑なコミュニケーションや意思決定を実現する.少なくとも対人インタラクションの場面では,人工知能に感情の機能は必要と考えられる.では感情とはどういう機能なのか,さらにそれはどういう人工知能にとって有用なのか,本発表は汎用人工知能の範囲と機能について,モデルの立場から検討する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (92 users, 94 posts, 120 favorites)

とりあえず一読してみましたが 思ったより短いし、細部はともかく概要だけなら門外漢でも直感的に理解しやすい内容ですね! https://t.co/r5sb7CU79z
そして「論文感想メール」も募集開始! 初回テーマは 「汎用人工知能が感情を持つことは有用か」 https://t.co/0iSzi9qizA 皆さんの熱い意見をお待ちしてます! #ラジ96

収集済み URL リスト