著者
堀輝 三
出版者
The Japanese Society of Plant Morphology
雑誌
PLANT MORPHOLOGY (ISSN:09189726)
巻号頁・発行日
vol.13, no.1, pp.31-40, 2001 (Released:2010-06-28)
参考文献数
6

要旨: 中国からわが国へのイチョウ伝来の論議では、その時期については、これまで飛鳥時代(7世紀)から室町時代(16世紀)までの900年にもわたる時間スケールにまたがり、かつその具体的根拠や出典が示されない場合が多かった。一方、もたらされたものが、木、種子いずれであったかも曖昧のままにされてきた。本稿では、中国および日本に残る文献資料を中心に、最近韓国で発見された遺物資料、ならびに筆者の観察を加えて、この二つの問題点について考察した。イチョウが中国の町に登場したのは10-11世紀であり、11世紀には市街地でも植栽され始め、12世紀には薬用効果が確かめられた。現在知られる、イチョウに関連するわが国の最も古い文字資料は、1370年頃成立の『異制庭訓往来』である。しかし、最近1323年頃(元代前期)中国から博多へ向かう途中、韓国沿岸で沈没した船から引き上げられた遺物の中からギンナンが発見された。これは、ギンナンが輸入果実としてわが国に持ち込まれた可能性を強く示唆している。輸入が始まった時期を示す資料は発見されていないが、宋代末期の日宋交易にまで遡る可能性はある。輸入されたギンナンは室町時代中期(1500年代)までには国内に広まり、その中から木に育つものが出てきたと考えられる。したがって、伝来の時期は13世紀から14世紀にかけての100-150年くらいの間であろうと推定される。今後、さらなる資料の発掘によって、より限定した時期の特定が可能になると期待できる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (18 users, 20 posts, 16 favorites)

J-STAGE Articles - イチョウの伝来は何時か… 古典資料からの考察… https://t.co/NL22UyoPpB "最近1323年頃中国から博多へ向かう途中、韓国沿岸で沈没した船から引き上げられた遺物の中からギンナンが発見された。これは、ギンナンが輸入果実としてわが国に持ち込まれた可能性を強く示唆している" https://t.co/aidB55XjyB
たしかな記録や測定結果がないのであれば,「1000年以上前に,イチョウについての記録はない」「イチョウが日本に伝来したのは13~14世紀と考えられる」とする研究を無視するわけにはいかないと思うのです。そうだとすれば,樹齢はせいぜい700年以内…。 https://t.co/1Ih2sJBwFY
堀輝三, イチョウの伝来は何時か… 古典資料からの考察…, PLANT MORPHOLOGY, 2001, 13 巻, 1 号, p. 31-40, https://t.co/M596rFuBwY 「源実朝を暗殺した公暁は大銀杏の陰に隠れていた」とする伝説は、明治期に『鉄道唱歌』によって全国的に広まり、歴史的事実のように信じられたと推測している。
もっともらしく流布しているがイチョウが仏教とともに伝来したというのは俗説で、鎌倉後期か室町以降に複数のルートから日本に来たものらしい イチョウの伝来は何時か… 古典資料からの考察… https://t.co/42ImmZPnYG https://t.co/VOgDijGvbo
@Teko_n_18 多分そうなるのかな…挙げられてる文献だとそうなるよね、と思って 追加でこちらもどうぞ https://t.co/o2nYZCApgt
NHKの番組でイチョウは在来種とさらりと言っていたが..。紛れもなく中国からの外来種。そういう認識が無いから東京都の木となり、どこぞの大学の紋章になる。中国の文化を敬っての事であれば問題は無いが...。それはさておき、移入は植栽由来ではなく、銀杏の実説が面白い。 https://t.co/ytJHls1jzk

収集済み URL リスト