著者
清野 紘典 中川 恒祐 宇野 壮春
出版者
日本霊長類学会
巻号頁・発行日
pp.226, 2013 (Released:2014-02-14)

全国的なサルの捕獲数は増加傾向で近年 2万頭 /年に達するが,被害問題は減少傾向になく,分布が拡大する地域もみられる.一方,過去の乱獲によって個体群が分断・消滅している地域があり,無計画な捕獲による個体群への不可逆的な影響が懸念されている.そのため,サルの個体数コントロールでは,群れ単位の総合的な被害管理を推進するとともに,適切なモニタリングに基づき保全を担保したうえで,効果的な被害軽減につながる方法論の検討が求められている. 保全に配慮した捕獲方法として,サル絶滅危惧個体群では問題個体の選択的捕獲の実践例がある (森光・鈴木,2013).また,効果的な捕獲方法はシカ等で専門家によるシャープシューティングの技術開発が進められている(鈴木 ,2013など).これらの考え方をふまえ,群れの安定的存続を確保しつつ,効率良く被害を減少させ,総合的被害対策を支援する個体数管理の手法を検討して実践した. 特定計画に則り立案された捕獲計画において,滋賀県の安定的個体群に位置する高レベル加害群 1群 (76頭 )を麻酔銃にて約 35%,25頭を短期間で捕獲した.捕獲対象は,人や集落環境に慣れ警戒心が低く・農作物への依存性が高い,高レベル加害個体とし,該当する個体を群れ内で特定して選択的に捕獲した.捕獲効率の低下を避けるため,捕獲者の存在を認知されないよう工夫し,かつ亜成獣以下の個体および周辺オス,劣位の成獣個体から順に捕獲するよう捕獲管理した.なお,群れ内の社会性を撹乱し分裂を誘発しないよう成獣メスの捕獲は最低限とした. 捕獲実施後,対象群は分裂せず,群れの加害レベルを低下させることに成功したことから,本法が保全への配慮と効果的な被害軽減の双方に機能する個体数管理の一手法となることが示唆された.本法の適用に必要な条件の検討,捕獲に必要な技術・技能的要件の吟味および実施体制の整備が今後の課題である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (32 users, 38 posts, 39 favorites)

せっかくの話を我が子が最後まで聞かなかったので、ニホンザルの個体数減少や群れの分裂を防ぎつつ、被害の軽減を目指すための、特定個体の選択的捕獲手法に関する文献をこちらで紹介しておく。 ニホンザルの社会性を考慮した選択的多頭捕獲によ… https://t.co/7JUhmy237P
気になったのは「事業費は約50万円」というところ。この予算があったら、もっと有効な対策を打てるのではないか。私のお勧めはサルに対するシャープシューティング。ここでは麻酔銃を使用しているが、PCPエアライフルの方が有効だと思う。 https://t.co/U5OTpymaMW
集落防衛の体制が確立し、人の生活圏の外側でサルの対策を行うのであれば、狩猟者による銃を使った手法も選べます。その際には、リンク先で紹介されているような、サル個体群に関する研究成果から生まれた新しい捕獲手法が参考になるかと思います。 https://t.co/U5OTpymaMW
もしサルの捕獲を積極的に進めるべきだというのなら、サル絶滅危惧個体群を保護しつつ、問題個体を選択的に捕獲するような最先端の捕獲手法を紹介すべきだね。 #噂の東京マガジン ニホンザルの社会性を考慮した選択的多頭捕獲による被害軽減 https://t.co/U5OTpymaMW
シャープシューティングの考え方を応用したニホンザルの被害対策に関する興味深い報告。この事例では麻酔銃を使用していますが、むしろ空気銃での運用が効果的だと思います。 ニホンザルの社会性を考慮した選択的多頭捕獲による被害軽減 https://t.co/U5OTpymaMW

収集済み URL リスト