著者
鯉渕 幸生 小野澤 恵一 中村 格之 原本 英二 片山 浩之 古米 弘明 佐藤 愼司 岡安 章夫 磯部 雅彦
出版者
公益社団法人 土木学会
雑誌
海岸工学論文集 (ISSN:09167897)
巻号頁・発行日
vol.52, pp.886-890, 2005-10-07 (Released:2010-06-04)
参考文献数
6
被引用文献数
2

お台場海浜公園周辺において, 栄養塩類, 大腸菌, アデノウイルスなど雨天時越流水起源物質の時空間変動過程を詳細に観測した. 微生物の変動傾向は, 栄養塩類のそれとは異なり, 大腸菌については数mmの降雨でも, 降雨後数日間にわたって遊泳には不適切な糞便汚染を疑わせるレベルとなった. これらの微生物は下水管路内の堆積物に存在していると考えられ, 降雨量よりも先行晴天日数により濃度が大きく変動する. 現在では, 糞便性大腸菌群数により感染リスクを評価しているが, 細菌類とウイルスの変動過程は異なるため, 今後はアデノウイルス等の観測結果を蓄積することが, 都市沿岸域での感染リスクを正しく評価するために望ましいと考えらえる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (50 users, 51 posts, 0 favorites)

これはちょっと古い2005年の論文。大腸菌についても測定している。 「東京湾お台場海浜公園における雨天時合流式下水道越流水の影響調査」https://t.co/zNntWPb4FZ
東京都の下水処理は昔のままだから水質汚染がひどいの? 10年前に知ってるのに、、、、 https://t.co/Eg6ny3cSnI
なるほど……東京湾お台場海浜公園における雨天時合流式下水道越流水の影響調査 https://t.co/1xnzle7DVP 大腸菌については,数mmの降雨でも遊泳可否の基準を上回る場合があったが,降雨後数日で急減するため,その期間… https://t.co/Kq4ZRVEtSr
https://t.co/hDBgu6rG4C

収集済み URL リスト