著者
稲積 真哉 與北 雅友 木村 亮 嘉門 雅史 西山 嘉一
出版者
Japan Society of Civil Engineers
雑誌
建設マネジメント研究論文集 (ISSN:18848311)
巻号頁・発行日
vol.14, pp.13-22, 2007-11-08 (Released:2010-06-04)
参考文献数
12

海面埋立処分場において鋼管矢板を打設することで構築される鋼管矢板遮水壁は、埋め立てられた廃棄物からの浸出水が外海へ漏出することを防ぐ重要な遮水工要素である。一方、鋼管矢板が遮水工としての機能を発揮するためには、継手を有する鋼管矢板の嵌合打設において周辺地盤との密実性を保持しなければならない。本研究では、鋼管矢板遮水壁の打設における周辺地盤の乱れ領域の形成に着目し、海面埋立処分場全体の環境保全機能に対する乱れ領域の影響、乱れ領域の形成を抑制する打設工法の効果およびサンドコンパクションパイル工法による地盤改良の影響を、浸透・移流分散解析によって評価する。本研究における成果の一例として、下部堆積粘土層において形成される乱れ領域が特定経路における有害物質漏出の漏出量に大きく影響し、一方、ソイルセメントによる鋼管矢板周辺の地盤改良を伴う鋼管矢板の打設工法が有害物質の漏出抑制に効果的であることを示した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 8 posts, 13 favorites)

@mizunoyak @WadaJP @maedasati @gannbare_gennki 【豊洲市場移転問題】 この論文では、護岸機能と遮水壁機能を兼用させるところに苦労が見られますね。豊洲の場合は、護岸と遮水機能を別々に担当… https://t.co/ZSUqFmpzeA
@mizunoyak @maedasati @gannbare_gennki 見たら,全文読めますね。…バシッと数式が出てきます(笑)。 https://t.co/baNawn3TPD

収集済み URL リスト