著者
吉田 望 篠原 秀明 澤田 純男 中村 晋
出版者
Japan Society of Civil Engineers
雑誌
地震工学論文集 (ISSN:1884846X)
巻号頁・発行日
vol.28, pp.170, 2005 (Released:2010-11-22)
参考文献数
10
被引用文献数
1

設計用の地震動は多くは工学的基盤で設定されるが, この場合, 表層地盤の存在を考慮せず設定されることが多い。本論では, まず表層を考慮しないと工学的に重要な周波数領域で増幅率の評価を誤ることをケーススタディをにより示す。表層を考慮しないで設計用の地震動を定義することは, 表層から工学的基盤への下降波, 深い基盤からの再反射による上昇波などを無視することを意味するが, これが無視できないからである。さらに, 工学的基盤より上の表層の計算用地震動を工学的基盤で設定する場合の設定法として, 表層で線形の挙動を仮定して工学的基盤の波形を求める方法, 地表で設計用の地震動を設定する方法を示す。ケーススタディによればこれらの方法は弾性時にはほぼ完全に地表の波形を再現でき, また, 非線形挙動時でも既往の方法に比べれば格段に精度よい予測ができる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

@shinya1043 @Arashi_Mic @powerpc970plus この資料ではだめじゃん。 このスライドの6ページ目の「解放基盤表面」の地震動と原子炉建屋の岩盤での地震動、地表での観測地震動。これをごちゃまぜにして数字を並べていたのがあの表です。 https://t.co/L7RW2mCqSS こういう解析をしますよ。 https://t.co/Or5p6EqoqX

収集済み URL リスト