著者
木村 功二 藤井 滋穂 田中 周平 邸 勇 野添 宗裕
出版者
Japan Society of Civil Engineers
雑誌
環境工学研究論文集 (ISSN:13415115)
巻号頁・発行日
vol.45, pp.301-308, 2008-11-28 (Released:2011-06-27)
参考文献数
13
被引用文献数
1 1

本研究では、近年注目を集め始めている残留性有機フッ素化合物PFOS、PFOAおよびその類縁化合物6種類に着目し、粉末活性炭による吸着除去特性を検討した。単成分系での各物質の吸着特性は、炭素鎖が長いものほど高く疎水性による吸着である可能性が示唆された。吸着平衡定数KはPFOS: 198.19、PFOA: 64.97であった。8成分混合系ではPFDA、PFDoA、PFOSの3種類で吸着性が高く、単成分系と比較して吸着量が20%しか低下せず、他のPFHxA、PFHpA、PFOA、PFNA、PFHxSでは50-90%低下した。琵琶湖水を溶媒とした8成分混合系では、溶存有機物に吸着が阻害されPFOS、PFHxSで超純水中と比較して除去率が約60%低下し、PFHxA、PFHpA、PFOA、PFNA、PFDA、PFDoAでは不規則な濃度変化を示しほぼ除去されなかった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 3 favorites)

粉末活性炭 による残留性有機 フッ素化合物類 の 吸着 除去特性 および影響要 因の検 討 https://t.co/z6DauOf9BJ
除去方法 )粉末活性炭 による残留性有機 フッ素化合物類 の吸着 除去特性 および影響要 因の検 討 https://t.co/bVaOEgG74F
2 2 https://t.co/Tqn7mWlw9E
粉末活性炭による残留性有機フッ素化合物類の吸着除去特性および影響要因の検討 https://t.co/neXouurcQM 他にもいろいろな化学物質を垂れ流してそうだけど、活性炭対策で効果あるのかな @ryukyushimpo

収集済み URL リスト