著者
水野 有智 木下 裕介 福重 真一 梅田 靖
出版者
公益社団法人 精密工学会
巻号頁・発行日
pp.93-94, 2014-09-01 (Released:2015-03-01)

本報では持続可能社会の実現に向けたシナリオ作成において,将来の産業の姿を定量的に描くために,経済分析などに用いられる産業連関表に基づく産業構造分析手法を提案する.本手法では,基準年の産業連関表に対してシナリオ内で設定された仮定を導入し,将来の産業連関表を構築することで将来の産業構造を定量化する.実行例として,先行研究にて作成された持続可能製造業シナリオに基づき,将来の日本の製造業の姿を定量化した.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

“持続可能社会シナリオ作成のための産業連関表に基づく産業構造分析手法の提案” https://t.co/HSaSa93Ib5

収集済み URL リスト